FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

区立幼稚園の廃止と認定こども園への民営化と転換について

予算特別委員会 総括質疑において
「区立幼稚園の廃止と認定こども園への民営化と転換について」
以下のような観点から質疑を致しました。

区の最上位計画である「新しい中野をつくる10か年計画 第三次 改訂素案」に区立幼稚園2園を廃園し民間活力を活用し認定こども園への転換をはかるという考えが唐突に示されました。
利用者の皆さんは突然の発表に大変戸惑っていることでしょう。

10か年計画の中では「安心して産み育てられるまち」として幼児教育の充実がうたわれておりますが、
長年、区の幼児教育の拠点施設として存在してきた区立園2園を廃園にすることは幼児教育の充実には決して繋がらないでしょうし、長年培われた区の幼児教育のノウハウが無くなってしまうことも心配で、
区が強化し進めようとしている保幼小連携の観点からも大きく疑問が残ります。
また、今回の考えは国の「子ども子育て支援新制度」に沿って進められモノですが、
中野区が平成27年3月に「子ども子育て支援新制度」のもと、
子育て支援の総合的な計画として定められた「中野区子ども子育て支援事業計画」には今回のことは何も触れられておりません。この短期間にどのような考え方の変化があったのかと感じます。
認定こども園の誘致・設置は必要だとは考えますが、
区立園を廃園にしての設置という今回の考え方は拙速ではないかと考えます。
特に配慮が必要な子どもたちの受け入れなど、保護者の不安面も多々あり、
このような不安を解消して行くべきです。

スポンサーサイト

| 議会活動 | 15:05 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。